フォルテ
フォルティウヌ・ダクタータ

 

 

 

「イェーイ! バーストォー! 旦那様のお帰りだぜぇーーー!」
「何が何でも、この世界を護る。 それが、魔王の役目だろ?」

「アイツが決めていた事だけどな…ソレでも オレがアイツを殺した事に変わりはないんだよ」

 

「音楽と指揮の魔王」
フォルティウヌ・ダクタータ

一人称:オレ 二人称:オマエ
○魔王の1人。 コンダクションを治めている。 バーストの夫。 愛称は『フォルテ』。
魔王達をリーダー的存在。 自称「大魔王」。 この世界の頂点に立つ存在。 その実力は本物で 彼女以外の魔王が束になっても勝てないほど。
民の事を良く考え、国と世界を治める良い人…というのは表の顔。 実際はオレ様系で 魔王達のリーダーの立場をいい事に、結構やりたい放題やってる。 それを知っているのは一部の部下達と 魔王達だけ。 でも 魔王としての良識はちゃんと持っている。 バーストが大好きで 若干独占欲が激しい。 通称時の目にコンプレックスを抱いており 人前でサングラスを取るのを心底嫌がる。(本人曰く「女っぽくてイヤ」との事)
○魔力で音を生成して攻撃する。 使い方一つで攻撃や防御 援護など色々使えるほど万能。 魔力でいつでも取り出せる指揮棒「フォルティクタクト」を使えば 更に細かく調節する事ができる。 彼女の出す音は同じ音程で打ち消すか 反対の音程で弾き返す事でしか回避できず、対象が音を聞いた段階でその対処法を持ちえていなければ 100%その音の効果を与える事ができる。

 

 


楽音の理想体の1つ。 形は「自己愛」。 彼女がこの世界へとやって来た際に 彼女と同じくこの世界に迷い込んできた人間として化け、旅に同行。 傍でずっと 彼女を監視し、見守っていた。 そして 旅の果て、記憶を取り戻し 無理にでも元の世界へ戻ろうとした彼女と対峙。 闘いの末 彼女をフォルティックタクトで刺し殺し、この世界に留めさせる為に 魔王として蘇らせた。 自分のもっとも愛する人を手に入れられた幸福と同時に、(彼女の描いていた筋書き物語とはいえ)殺さなければ手に入れられなかった事に 罪悪感を抱いている。 それは 仕方のない事。 自己愛故に、どうしとも 彼女が欲しかったのだ。

 

 


inserted by FC2 system