バーニー
バーニー・マネリア

 

 

 

「調子に乗んなよっ! フォルテ! あんたなんか、今に大恥かかせて…わぁっ!? やめろっ! 耳 触んな! うにょーんってすんなぁ!!」
「JOLー! 馬鹿魔王を陥れる良い方法、思いついたよー!」
「確かにさ、がんばってもどうしようもない時もあるよ? 「運も実力のうち」っていう言葉があるぐらいだし、才能の差もある。 …でもさ、だからってそれを 努力しない言い訳にすんなよ」

 

「富と幸運の魔王」
バーニー・マネリア
一人称:僕 二人称:あんた
○魔王の1人。 ゴルドバニカを治めている。
ゴルドバニカにある 唯一無二で最大級のカジノ「HAPPY・GOLD・RABBIT(通称「HGR」)」のオーナーも務めている。 「HGRが国を支えている」といっても過言ではないので、国民は彼女に頭が上がらないし 逆らえない。 お隣の国のJOLとは 悪友で親友関係。 お互い フォルテの事が嫌いな点で馬が合っている。 よくJOLとつるんでは悪巧みし、フォルテを陥れようとするが 今日に至るまで全て失敗しているようだ。
体は小さいが、反面 態度はかなりでかい。 JOL以外の相手なら 誰だって馬鹿にする。 プライドも高く 大の負けず嫌い。 自分を負かした相手には かなりの執着を見せ、自分が勝つまで徹底的にやる。 その為の努力は怠らない。 努力家とも言うべきか。
○直接的な攻撃技を持っていないが、これから起きる または起こす、ありとあらゆる事柄の確率を「1〜99」%の間で変更する事ができる。 これで 自分に当たる攻撃を高確率で回避したり、相手の技を高確率で失敗させる。 起きない事柄の確率を変える事は出来ない。

 

 


楽音の理想体の1つ。 形は「努力」。 多かれ少なかれ 誰だって 努力はしないといけない。 彼女も それをする義務があった。 だが、叶えたかった夢が あまりにも過酷だという事実を知った彼女は、夢を諦め 努力から逃げた。 “努力”と言う義務を果たさなければ、“夢”と言う権利は得られない事を理解しながらだ。 旅で出会った彼女に「努力は 才能がない馬鹿がする事」だと罵っていた。 だが それは全て、今さら“元の世界へ戻ろうとする努力”をしていた彼女に対しての皮肉と 「努力する事から逃げないでほしい」という、彼女に当てたメッセージだった。

 

 


inserted by FC2 system