クロス
サタン・クロスフォード

 

 

 

「イイ子のオマエ等にはぁー…死をプレゼントだぁーーー!」
「ヒャッハァーーー!! ベリークルシミマスだぜぇーーー!!」

「ムダなんだよ。 いくら人をるところを妄想しても、所詮は妄想だ。 そいつを実際に殺しているわけじゃない。 そう言った世界と無縁で生きていたアイツなら、なおさらムリな事だ」

 

「白骨の鮮血の魔王」
サタン・クロスフォード

一人称:オレサマ 二人称:オマエ
○魔王の1人。 メリックスを治めている。 愛称は『クロス』。
人間体でいるが、その真の姿は 原型を留めぬ肉塊。 色んな姿になれるが、人間体が気に入っているので 今の姿になっている。 ついでにサンタの格好をしているが 別にサンタの仕事をしているわけではないし、服に見えるそれは全部 クロスの「皮膚」やら「骨」やら「血管」などの人体部分。 彼女の本当の姿を知っているのは 魔王達だけ。 隣国同士のミックとの仲は良く、よく死刑囚の一部を 拷問目的で引き渡してもらっている。
俺様系でドS。 楽しい事(争いや殺し合う意味で)が大好きな 超危険野郎。 白色をこよなく愛しており、その理由は「返り血がよく映えるから」。
○肉塊故 その再生能力は凄まじい。 体の一部分を抉った程度では 一瞬で治してしまう。 体内に流れている血と魔力を混ぜ合わせる事で 鋭利な骨の針や巨大な頭蓋骨型の砲撃を造りだしたり、相手の体内に自分の血を仕込む事で ある程度操る事もできる。 彼女の能力は魔力頼みのなので、魔力が尽きる前に 相手を自分の体の一部として取り込み、無理矢理 魔力を搾取する。

 

 


楽音の理想体の1つ。 形は「残虐性/殺意」。 彼女の奥底に潜む 憎しみと殺意の塊。 学校ではいじめに遭い 家では弟達に罵られ、彼女は 自己防衛の為に彼(女)等を殺すところを妄想する。 何度も 何度も…。 だが 所詮は妄想。 優しさと臆病さと理性が それを抑えていた。 もし それ等が無かった場合、彼女は狂気に駆られ その手を紅く染めていただろう。

 

 


inserted by FC2 system